読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

戯れ言、指紋

数年前のこと。

ふらりと小さなコンサートを聴きにいった帰りがけ、突然「もしかして、しおりちゃんですか?」と、年下っぽい女の子から声をかけられたことがある。

 

幼い頃、チェロのお教室で一緒だったと、相手が教えてくれた。いわゆる妹弟子。申し訳ないことに、私はあまり、相手を覚えていなかった。

 

その女の子は、私に、「まだ、チェロ弾いてますか?」と聞いてくれて、「よかった、しおりちゃんのチェロの音、好きだったので。」と。

 

ぼんやり、白昼夢を見ているよな気持ちで帰った。

 

いまの私の演奏を知らないのに、弾いていてよかったといってくれる人がいるのは、不思議なことだ。

 

私たちは、自分の知らないところで人とふれあい、指紋をつけて歩いている。

拭き取っても、拭き取っても、べったりと。