読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

戯れ言、めだか

ビルエバンスのピアノトリオを、たまに、聴く。

 

スマホやPCのスピーカーで聴いているせいなのか、ベースがほとんど聞こえない。

 

そもそも、わりと音の小さなベースだと思うけれど、それにしても、あれ?鳴ってる?弾いてない?弾いてないっぽいかな?、と思うと、ピアノやドラムがスッと抜けた瞬間に、ちゃんと居たりする。

 

 

ふと、むかし飼っていた、めだかを思い出す。透明な容器で買っていた、ちいさくて透きとおった、めだか。

 

金魚とは違い、探さないと見つからない。

 

たまに、完全に存在を忘れていることもあって、ふと思い出して見てみると、水草の陰にちゃんといる。たまに、スイスイと気持ちよさそうに泳いでもいる。小さいながら、生きていた。

 

私が水を替え忘れても、母がやってくれていたんだろうな。

 

 

 

そして、ある暑い日に、容器から飛び跳ねたのか、出窓でのうえで薄く乾いて、動かなくなっていた。

 

 

 

 

あの、音の小さなベースに、スイスイと泳ぐめだかが、たまに見える。飛び出さずに、スイスイと。